借金を滞納していたら、ある日突然、裁判所から支払い督促状が届いた!

借金を滞納していたら、ある日突然、裁判所から支払い督促状が届いた!どうしたらいいですか?

まず、絶対にやってほしいことは、「意義も申立書」に意義ありと書いて返送するようにしてください。どうしても不安な場合はすぐに対応してくれる弁護士に依頼しましょう。

 

:消費者金融からの督促を無視していたら、急に裁判所から支払い督促状が届きました。これはどう対応したらいいのですか?

:それほどあわてる必要はありません。まずは落ち着いて封筒の中を見てください。そこには、「意義申立書」というものも同封されているはずです。これにとりあえず「意義あり」と書いて返送してください。

:もしこれもほったらかしにしていたらどうなるのですか?

 

 

:これをほっとくとちょっと大変なことになりますね。テレビドラマなどでよくあると思いますが「強制執行」ができるようになります。

:強制執行ですか?

 

 

:これを返送しないということは、借金の事実を認めたことになるんですね。もし架空の請求ならば、きっぱりと違う!と言っておかないとその借金を払う羽目になってしまいます。また、それと同時に、「もうお金がないので、強制的にもっていってもいいですよ。」と言っていることにもなります。

:強制的に持っていってもらうと困ります。そんなことされたら生きていけません。

:特に会社に勤めている人には強制執行は痛い仕打ちですね。給料の4分の1を差し押さえることができるので、そんなことされると確実に会社にバレてしまいます。会社に内緒に処理しようと考えているのであれば、弁護士に依頼するのが一番安全です。
訴訟を起こされると自分ではどうにもならないことが多いですし、法律のプロを雇ったほうが何かとうまくいくことが多いです。裁判所にも自分で出頭しないといけないので、毎回理由を考えるのが大変ですからね。

:さすがにそんなに何回も会社を休むとクビになりそうです。

 

 

:相手も、素人が相手ならそれなりの対応をしてきますが、慣れている弁護士が相手になるとそいうはいかないですからね。実は交渉すれば、借金をもう少し減額できたり、過払い金をとり損ねたりすることもあります。借金の期間が長い人は特に弁護士に依頼したほうが、弁護士報酬を引いても得だった!ということは借金整理の世界では大いにありえます。

債務整理・借金整理の『Q&A』

内緒で借金を整理するなら知っておきたい豆知識!